FC2ブログ

綺麗な沢上谷

奥飛騨の沢上谷へ行って来ました。
065_convert_20170716084819.jpg
滝の裏側は、天然ミストで涼しかった。


久しぶりに奥飛騨にある沢上谷(そうれだに)へ行って来ました。
002_convert_20170716085239.jpg
橋付近に車を停めて、あっさり入渓。

003_convert_20170716085319.jpg
綺麗な形相。木漏れ日もナイス。

006_convert_20170716085352.jpg
早くも泳ぎポイント出現で、いきなり泳ぐ相方さん。

009_convert_20170716085433.jpg
ナメと苔が綺麗。

010_convert_20170716085836.jpg
枝沢が入り込んでいます。とりあえず、枝沢へ。

013_convert_20170716085853.jpg
形相が変わって、一面のナメ床。

017_convert_20170716085919.jpg
小滝をシャワークライミング。見えにくいですが、右上を相方さんが登っています。

025_convert_20170716090031.jpg
最初の大滝、五郎七郎滝に到着。圧巻のナメ滝。 本流へ戻ります。

030_convert_20170716090924.jpg
本流へもどってきました。
また少し形相が変わって、釜のある小滝。泳ぎたくないのでヘツリます。

031_convert_20170716091001.jpg
完全に形相が変わって、茶色い岩のナメ。

035_convert_20170716091039.jpg
癒し空間が続きます。

037_convert_20170716091122.jpg
階段状になったスラブを歩く。

039_convert_20170716092543.jpg
ずっと一枚岩のナメ床

040_convert_20170716092602.jpg
茶色のナメは、少し滑りやすかった。

042_convert_20170716092622.jpg
泳ぎポイントですが、嫌なので右岸を巻きました。

047_convert_20170716093006.jpg
再び、枝沢へ入ります。

048_convert_20170716093037.jpg
ちょっと入ると、前面ナメ床。

049_convert_20170716093117.jpg
石一つ無い綺麗なナメ床。

053_convert_20170716093610.jpg
突然目の前に現れる二つ目の大滝、岩洞滝。すばらしい。

058_convert_20170716093516.jpg
圧倒的なスケール。

060_convert_20170716093627.jpg
滝の真下から。岩が落ちてきそうで怖いわ。
また本流へ戻ります。

071_convert_20170716094057.jpg
カエルちゃんが、いたるところに居ます。まあ、居心地良いでしょうね。

073_convert_20170716094142.jpg

075_convert_20170716094219.jpg
また、しばらくナメ床歩きが続きます。

その後、少しゴーロ帯を超えると、
077_convert_20170716094316.jpg
三つ目の大滝、蓑谷大滝が突然現れます。
ここは、直登できないので、高巻きします。

左岸側に踏み後があり、急斜面を登ると、岩棚の上に杣道がある。
20031675_1536095306449579_5723363174315910671_n_convert_20170716095445.jpg
再入渓するために杣道をはずれ、急斜面を下ります。
 ここは、フィックスロープが残置してあるので、使わせていただきました。

091_convert_20170716100123.jpg
ちょうど、蓑谷大滝のすぐ上に再入渓流。ここから先は、延々とナメ床が続きます。

099_convert_20170716100402.jpg
石がひとつも無い、岩だけの沢って珍しい。

102_convert_20170716100421.jpg
滑りそうに見えるけど、フリクションは抜群です。

105_convert_20170716100454.jpg
最後のナメ滝です。これも、残置ロープを利用して登ります。
106_convert_20170716100929.jpg
20046332_1536095469782896_6954948717937984068_n_convert_20170716101001.jpg
19642671_1536095523116224_9039025344685774952_n_convert_20170716101018.jpg

109_convert_20170716101258.jpg
再びナメ床を歩き、橋が見えたら脱渓。
林道を歩いて駐車ポイントへ帰ります。

毎年の様に来てる沢だけど、何回来ても良い所ですね~。 
沢ヤしか知らない世界自然遺産を超える自然遺産でした。

今回のコースタイム
9:05 入渓 ― 9:20 1本目枝沢 ― 9:35 五郎七郎滝 ― 10:25 2本目枝沢 ― 10:42 岩洞滝 ― 11:35~12:00 蓑谷大滝
― 12:25 再入渓 ― 12:35 最後のナメ滝 ― 12:55 脱渓ポイント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
プロフィール
FC2カウンター
フリーエリア
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧

山 ときどき 温泉

gappa san

アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!

八ヶ岳の麓より
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
リンク
QRコード
QR
お問い合わせ
自然に関する事であれば、何でも聞いてください。

名前:
メール:
件名:
本文: