FC2ブログ

残雪期 北穂高岳

2年ぶりとなる、残雪の北穂へ行って来ました。
053_convert_20180514215049.jpg
やっぱり、この季節の穂高は最高ですね~。

003_convert_20180514215545.jpg
AM 5時50分、上高地を出発。 ちょっと霞んでるけど、いい天気です。

005_convert_20180514215634.jpg
明神館より、バックに明神岳

012_convert_20180514215805.jpg
AM 8時20分 横尾に到着。この橋を渡って、ようやく登山道に入ります。

013_convert_20180514215925.jpg
先は長い。 ここまで乗り物を利用できたら、どれほど楽に来れることか?

014_convert_20180514215941.jpg
屏風岩を巻いて、涸沢へ向かいます。

015_convert_20180514215958.jpg
所々に残雪はあるものの、アイゼンの必要は無し。やっぱり、例年よりも残雪は少ない様です。

016_convert_20180514220013.jpg
今年は、本谷橋を渡って、夏道ルートで涸沢へ向かいます。
雪が多い年は、橋を渡らずに、川に沿ってまっすぐ進むのですが、残念。

018_convert_20180514220047.jpg
前穂高岳が、徐々に見えてきました。

019_convert_20180514221356.jpg
あと少しで、涸沢ってところで、突然携帯から警報が・・・。どうやら大きな地震があったらしいが、揺れには全然気が付かなかった。

021_convert_20180514221433.jpg
涸沢ヒュッテが見えた。

32599568_1899023226783309_3344340357352521728_o_convert_20180516113052.jpg
涸沢カールで、これから向かう北穂沢を確認中。

029_convert_20180514221531.jpg
カールの奥にある、涸沢小屋へ向かいます。

030_convert_20180514221627.jpg
あとちょっと、全員寝不足の為、体調不良で足の運びが悪い。

032_convert_20180514221658.jpg
涸沢小屋に到着しました。昼休憩にします。まだ、AM 11 時なので、1時間くらいゆっくりして、山頂へ向かいます。

031_convert_20180514222601.jpg
涸沢小屋からの景色。GWが過ぎると、涸沢カールのテントも少なくなります。

033_convert_20180514222837.jpg
涸沢小屋で、アイゼンとピッケルを装着して、本格的な登りに備えます。
小屋を過ぎると本格的な登りになり、一気に斜度が増してきます。

037_convert_20180514222915.jpg
ひたすら登る。

042_convert_20180514223234.jpg
斜度は、どんどん増していって、一番傾斜のある場所で45度くらいかな?

043_convert_20180514223318.jpg
振り返ると、前穂が綺麗。

32533144_1899024713449827_3205963000770985984_o_convert_20180516113321.jpg
この辺りが、傾斜が一番キツイ。

045_convert_20180514223344.jpg
疲れもあるけど、カールの最上部は本当にシンドイ。

046_convert_20180514224112.jpg
カール最上部に到着。山頂へ向かいます。

32454436_1899024583449840_691962838188556288_o_convert_20180516113508.jpg
最後尾の相方さんも、カールの最上部に、まもなく到着。

051_convert_20180514224503.jpg
到着。少し曇っていますが、槍をバックに最高の景色です。

053_convert_20180514224521.jpg
疲れた~。

049_convert_20180514224606.jpg
北穂の山頂から、滝谷と奥穂高岳

054_convert_20180514224624.jpg
大キレットと槍ヶ岳

055_convert_20180514225050.jpg
山頂から目と鼻の先の北穂高小屋へ。ここが今晩の宿です。
富士山を除けば、日本で最高所の山小屋になります。

32399280_1835829999809440_5454271938052489216_o_convert_20180516113909.jpg
小屋に着くと、やる事ないので、すぐに宴会。

32689047_1835830196476087_8213463326772953088_n_convert_20180516114018.jpg
夜も更けてゆき・・・・

32619793_1835830066476100_8552698505443934208_o_convert_20180516114320.jpg
宴会は続く。北穂高ラベルの五一ワイン(赤)を頂く。

32637206_1835830153142758_2178377738602151936_n_convert_20180516114423.jpg
夕食は、北穂高小屋名物の生姜焼き。赤ワインと一緒に頂きました。

翌朝、曇天
056_convert_20180516114649.jpg
今日は、AM 11 時くらいから雨になる予報。迅速な行動が求められる為、AM 6 時に出発。

057_convert_20180516114724.jpg
上高地方向は、日本海側に比べると雲は薄いものの、やっぱり振りそうな天気。しかし、こんな曇ってるのに富士山が見える。

059_convert_20180516114807.jpg
あんなに登るのは大変だったのに、涸沢まで、1時間弱で着いてしまった。
結局、横尾の辺りで雨が降り、上高地は雨の中を歩くことになった。

コースタイム
1日目
5:55 河童橋 ― 6:34 明神館 ― 7:25 新村橋 ― 8:20 横尾大橋 ― 11:00~12:00 涸沢小屋
― 14:20~14:40 北穂高岳山頂 ― 14:42北穂高小屋

2日目
6:00 北穂高岳山頂 ― 7:00 涸沢小屋 ― 8:30 横尾山荘 ― 11:00 上高地バスターミナル

最後に雨に打たれたけど、何回来ても残雪期の北穂は最高でした。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
プロフィール
FC2カウンター
フリーエリア
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧

山 ときどき 温泉

gappa san

アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!

八ヶ岳の麓より
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
リンク
QRコード
QR
お問い合わせ
自然に関する事であれば、何でも聞いてください。

名前:
メール:
件名:
本文: